ブログ

2度目の引っ越しまたは脱出 ~あの頃イタリアで その8~

投稿者 :佐々木英理子 on

2度目の引っ越しまたは脱出 ~あの頃イタリアで その8~
さて、洗濯機事件の翌日。シェアアパートの中は人間が3人住んでいるとは思えないほど静まり返っておりました。当初の予定ではハイジとチーズフォンデュを食べながらはしゃいでいたはず(??という方は~その6~をご覧ください)のキッチンも人気が無く片付いたまま。

続きを読む →

ドラム式洗濯機の洗礼 ~あの頃イタリアで その7~

投稿者 :佐々木英理子 on

ドラム式洗濯機の洗礼 ~あの頃イタリアで その7~
さて、時は1994年の7月。突如、不愛想なイスラエル人カップルと同居することになった私。こうなったらもう仕方がない、一緒に住むからには何とか仲良くなるしかないのだと覚悟を決め、引っ越し翌日の朝からできるだけ自分の部屋を出て、共有スペースであるリビングに顔を出すように心掛けてみた。しかし、彼らは全く部屋の外に出てこないどころか物音一つ立てない

続きを読む →

初めてのシェアアパート ~あの頃イタリアで その6~

投稿者 :佐々木英理子 on

初めてのシェアアパート ~あの頃イタリアで その6~
脇毛美人ラウラとの面談の翌日、彼女に渡されたメモを頼りに学生向けのシェアアパートを紹介してくれるというおじさんの元を訪れた。ホテルの滞在予約は7日間、8日目には外国人生徒が参加必須となっている本コース開講前の語学講座が始まるため、とにかくこの間に住処を見つけて引っ越しを済まさなければならない。

続きを読む →

初登校での衝撃の出会い ~あの頃イタリアで その5~

投稿者 :佐々木英理子 on

初登校での衝撃の出会い ~あの頃イタリアで その5~

その日の早朝、いきなり枕元の電話が鳴った。「まったく~こんな朝早くに一体だれ~?」

と寝ボケながらもボヤキつつ受話器を取る。「はい、もしもし~、もしもし~」受話器の向こうで誰かが何かを言っている。「すみませ~ん、どちら様ですか~?」「え~と、だから誰ですか~?!」やや苛立ち気味の私に電話口の人が大笑いしている・・・そこでふと自分が寝ていた部屋を見渡した私、そして気付いた「あ~!ここイタリアだったのだ!」

続きを読む →

まだ学校は始まらない ~あの頃イタリアで その4~

投稿者 :佐々木英理子 on

まだ学校は始まらない ~あの頃イタリアで その4~
さて、日本の桜もとうに見頃を終え、夏の香り漂う27年前の73日、私のイタリア生活がスタートしました。無事に日本から予約をしていたミラノ市内のホテルに到着した私はさぞかし観光を楽しんでいると思いきや・・またしても喉の渇きに苦しんでおりました。

続きを読む →