イタリア留学思い出ブログ【あの頃イタリアで】

【あの頃イタリアで その63 今度こそ”ちゃんとした”アルバイト①】

投稿者 :佐々木英理子 on

【あの頃イタリアで その63 今度こそ”ちゃんとした”アルバイト①】
良美さんから紹介してもらった設計事務所の面接の日、私はミラノの運河沿いにあるとあるビルの前の歩道から4階の窓を見上げていた。住居とオフィスが混在しているらしいそのビルは、良美さんと暮らすアパートメントから徒歩で約15分、週末になるとマーケットが開かれる運河脇の明るい小道に面していて日当たりも良い。半年前に恐る恐るドアを開けた怪しいアルバイト先とは雲泥の差である。

続きを読む →

【あの頃イタリアで その62 いろいろな意味でのカウントダウン】

投稿者 :佐々木英理子 on

【あの頃イタリアで その62 いろいろな意味でのカウントダウン】

良美さんが無事にスウェーデンから帰国し、私が猫たちとの初めてのお留守番任務を終えた頃、ミラノは新年へのカウントダウンムード一色に包まれていた。去年は日本へ帰国したので、今回がミラノで迎える初めての新年である。

良美さんと二人きり(と二匹)で過ごす大晦日ではあるが、その日は朝から大忙しであった。まずは食材の買い出しをしに二人で近所のマーケットに向かう

続きを読む →

【あの頃イタリアで その61 猫と分かりあうまでの1週間③】

投稿者 :佐々木英理子 on

【あの頃イタリアで その61 猫と分かりあうまでの1週間③】
2匹と1人の同居生活2日目。今日は1995年1224日、聖なる夜。海外からやって来たクラスメートはみんな家族と過ごすためにそれぞれの国に帰ってしまった。ミラノ残留組の私はなんの予定も無い。今日も淡々と良美さんに言われた通り、朝晩2回サンボとマルにご飯をあげる。晩ご飯は昨晩同様、キャットフードの他に魚の切身を蒸し焼きにしてほぐしたもの。自分のご飯もまともに作れない私にとっては大仕事である。

続きを読む →

【あの頃イタリアで その60 猫と分かりあうまでの1週間②】

投稿者 :佐々木英理子 on

【あの頃イタリアで その60 猫と分かりあうまでの1週間②】

クリスマスを目前に控えた1995年12月23日、良美さんは本当にスウェーデンに旅立ってしまった。私と2匹の愛猫を残して・・・。

「あ~あ、君たちのお母さん本当にスウェーデンに行っちゃったね~」

その夜、足元でジッと私を見上げる2匹に向かって呟いてみた。いつもは2匹揃って私のそばに寄ってくることなんてないのに、やっぱり猫なりに寂しいのかな~と思う。

続きを読む →

【あの頃イタリアで その59 猫と分かりあうまでの1週間①】

投稿者 :佐々木英理子 on

【あの頃イタリアで その59 猫と分かりあうまでの1週間①】

私と良美さんが暮らすミラノのナビリオ地区にあるアパートメントには2匹の猫がいた。というよりも、私が良美さんのところに転がり込むずっと前から、良美さんは猫を飼っていたのである。

小柄なグレーのトラ柄猫「マル 」(推定5歳のメス猫)といかつい黒猫の「サンボ 」(推定4歳のオス猫)。私の薄い記憶によると友人が保護した捨て猫を止む無く引き取ったとのことだったが、良美さんはこの2匹の猫たちを我が子のように可愛がっていた。

続きを読む →